The right to choose freely favorite app UI


#1

(Written under the original)
How to display relative time, apart from the United States a lot of time zones, there is no sense in countries such as Japan, there is only one time zone.

In addition, this display method uses more CPU resources.
Not fit for mobile.

There are many active users in Japan.
Follow a lot of users, and a lot of tweets.

Therefore, each client application has to implement the UI and repeated trial and error for these active users.

Users have enjoyed that from among a wide variety of clients, choose their favorite UI.
This is a culture anymore.

“The right to freely choose their favorite apps UI” should be observed.

“Unification of the user experience,” there is no benefit to beginners only.

Because there are a lot of “users who do not use only occasionally”,
I think that Twitter Inc. is it just that they’re watching.

However, loyalty to the Twitter of such users is sparse.
In the future, if a new service appears, they will give way to move there easily.

Twitter Inc. should cast an eye to the active user.

Because there are active users, light users will also activate.

Display Guidelines should not be forced.
“The right to freely choose their favorite apps UI” should be observed.

Story changes.
The past few years, the IT industry (it is likely at least in Japan) Twitter was the center of attention.

Beginners learned by making apps that use the API.
A lot of third party applications have been made ??a wide variety of services.

Be recognized that they are constantly in “Twitter is prosperity,” the visibility is up, the user has also increased.

But if you deny these ecosystem, its prosperity will disappear.
Then, light users will go away.

Twitter Inc. should monetize harder.

Tweets of the ad. (You do not have to share its profits with the third).
claim to a third party corporation.
There are lots of way.

But that expel a third party would not be a profit in any way.

Possibly, Twitter had been responsible for the infrastructure of the world,
I might end up reduced to "service operated by just one company."
It’s a sad thing.

I beg you, I want you to think again.

自由に好みのUIのアプリを選ぶ権利を
相対時間表示はタイムゾーンの多いアメリカはともかく、タイムゾーンの一つしかない国(日本)では意味が無い
また相対時間表示はCPUリソースを食う。モバイル向きではない。
日本にはアクティブなユーザーが多い。沢山のユーザーをフォローし、沢山のツイートをする。その為、各クライアントアプリは、それらのアクティブユーザーの為に試行錯誤してUIを実装してきた。
ユーザーは、多種多様なクライアントアプリから「自由に」好みのUIのアプリを選ぶことを楽しんできた。それはもはや文化である。
「自由に好みのUIのアプリを選ぶ権利」は認められるべきである。
「ユーザー体験の統一」は初心者にしか恩恵がない。
Twitter社は「たまにしか使わないユーザー」が多数であることから、そこを注視していると思われる。だが、彼らのTwitterへのユーザー忠誠心は希薄である。今後、更に新しいサービスが現れたりした場合には簡単に移動してしまうだろう。
Twitter社はアクティブなユーザーの視点を持つべきだ。アクティブなユーザーがいることでライトユーザーもまたアクティブ化していく。
Display Guidelines は強制するべきではない。「自由に好みのUIのアプリを選ぶ権利」は認められるべきである。

話は変わる。
この数年、IT業界ではTwitterが話題の中心だった(少なくとも日本ではそうだ)。初心者はAPIを使うアプリを書くことで学習し、沢山のサードパーティが多種多様なアプリ、サービスを作る。それらが絶えず現れることで「Twitterは賑わっている」と認識され、名前は広まり、ユーザーも増えてきた。
だが、それらのエコシステムを否定すればその賑わいは無くなり、それを見て「もはやブームではない」と感じたライトユーザーも離れていくだろう。

Twitter社はもっと熱心にマネタイズするべきである。広告ツイートを入れてもいい(その利益はサードとシェアしなくていい)。法人サードパーティに課金してもいい。だが、サードを追い出すことは決してTwitter社の利益にはならない。
「世界のインフラ」となった「Twitter」は、「単なる1企業の運営するサービス」へと縮小するだろう。

お願いだ、考えなおして欲しい。


#2

Creo que el fin principal del camino es difundir las noticias , cultura y eventos que marquen un cambio en algún lugar o país. Posteriormente podras monetarizar la cuenta si es el objetivo de particulares.